電気的懐古趣味

The beautiful good old days. 旧いカメラやオーディオやMIDI等、のんびり語ってます。

再編集 回路図 ChrisKit P-35Ⅲ

2017.02.20

category : その他

2011年6月に記載した記事です。
大昔、マニアの間で人気のあったパワーアンプです。
悪友が早速買ったのですが、こちらが作るはめになりました。
現物はないのですが、回路図コピー残っていたので興味ある方
参考にしてみてはどうですか、トランジスタなどは廃盤みたいですが。
追記に載せておきます。
回路図と基板片チャンネルぶんです。
chriskit 3

シャーシ底面より、部品配置
chriskit 2
表面、基板2枚と放熱器が付きます。
真空管アンプと同じです。
chriskit 1

使用トランジスタ規格
Q1 Q2 2SC979
2sc979 4

Q3 2SC1940
2sc1940 3

トランジスタ Q4 2SC2336 Q5 2SA1006 コンプリです。
2sc2336 2

パワートランジスタ Q6 2SD428 Q7 2SB558 コンプリです。
2sd428 1
CQ出版社 88’トランジスタ規格表より。
これだけ情報ありますから、かなり再現可能ですよね。
回路図だけ見るとたいしたことありませんが、かなりの電気知識
アンプなどの製作経験者で、測定器などないと、まともなもの出来ませんよ。
トランス、電解コンデンサ、基板材料など吟味すると、大変な事になります
部品上見たらきりないです(笑い)。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
Counter
カテゴリ
プロフィール

Joker_DTM

Author:Joker_DTM
電気好きなオッサンです(苦笑
旧いカメラやオーディオ、MIDIやDTMについて語ったりしてます。
のんびり更新ですがひとつヨロシク。

ブログ初心者なので、コメントや拍手のレスが遅れがちですが、どうか大目に見てやってください(^^;

↓等サイトのバナーです
このサイトのバナー
※縮小表示しています。持って帰る場合はクリック先の画像でよろしく。

最新記事
最新コメント

Copyright ©電気的懐古趣味. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

まとめ